賃貸経営のさらなる安定|駐車場経営だけでも十分な収入を得られる!

駐車場経営だけでも十分な収入を得られる!

女性

賃貸経営のさらなる安定

建物の模型

家賃滞納に対する手段

近年、資産運用として賃貸経営をする人が増えています。先行きが不透明な今のご時世、収入減を確保しておくことは重要なことです。従って、資産運用を考える人は多くいるのですが、賃貸経営はミドルリスク、ミドルリターンの比較的安定した資産運用だとされていますので、賃貸経営をする人が増えているのです。ただ、現在の状況は当然、賃借人にも当てはまります。賃借人も経済的な不安を抱えており、中には経済的窮地に陥ってしまっている人もいます。そういったことですから、以前に比べると家賃を滞納する賃借人が増加しているのです。家賃を滞納されては賃貸経営は成立しませんから、何か手段を講じなければなりませんが、有効な手段が存在しています。それは、家賃債務保証です。

賃貸経営者が選定紹介

家賃債務保証とは、滞納家賃を立て替えしてくれることであり、それを業務にしている会社があります。そして家賃債務保証会社は、立て替えだけではなく、その分の回収も行いますので、家賃に関する一切のトラブルは賃貸経営者の手から離れます。従って、家賃債務保証会社を利用することは非常に大きなメリットがあるのですが、このようなシステムですから、家賃債務保証会社と契約を結ぶのは賃借人ということになります。但し、家賃債務保証会社は賃貸経営者が選定し、賃借人に紹介するというのがベストです。家賃債務保証というのは、まだ普及して間もないので、知らない入居希望者もいます。それなのに家賃債務保証会社と契約していないからといって追い返すと、入居率が下がり、これまた、賃貸経営が危うくなります。従って、賃貸経営者が紹介することがベストなのです。もちろん、信頼のおける会社を選定し、紹介する必要があります。